一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ハワイ島に行くにあたって、ガイドブックを探したのですが、ハワイ島単体って数えるぐらいしかありませんでした。

オアフだったら腐るほどあるのですがねえ。

まあ、お店も少ないし、作っても需要がないのでしょうね。

そもそもハワイ島には直行便もないので、行くのがハードルが高いのだと思います。

 

その中で、まあ一番詳しそうだと思ったのが「一冊丸ごとハワイ島」でした。

レストランやお店がそこそこ乗っていて結構役に立ちました。

 

カイルアコナのオーガニックスーパー、アイランドナチュラルズとか、マウンテンサンダーコーヒー(ついビッグサンダーマウンテンとかいってしまう・・・)とかこれに載っていなければ行かなかったかもしれないし。

何より、モストびゅーてぃふるどーろのコハラマウンテンを教えてくれたのが何よりもよかったです。

とりあえずこれ一冊もっていけば用は足せるかも。

 

 

●ハワイ島について

ハワイ島は長年の夢でしたがやはりとても素敵なところでした。

ただ行った人によっては、すごくよい、と、すごくつまらない、という評価が180度違うので、人を選ぶのかもしれません。

例えばワイキキのような、いたるところに店がある街歩きや買い物を期待している人はちょっと物足りないかも。

また、マウナケアに行って、天気が曇っていたりしたらそれはそれでがっかりかもしれません。

でも、自然が好きだったり、雄大な景色を見たかったり、のんびりしたい人には、ハワイ島は本当にお薦めです。

買い物がしたかったら、ハワイ島4泊→オアフ島2泊とかすればよいのでは?

 

●レンタカー

先に書いたように、公共の交通手段がないためレンタカーは必需品です。

もしくは、カイルアコナのホテルに滞在して、ツアーに参加、

リゾートホテル(近くにショッピングセンターがある)に滞在してツアーに参加、という工程がよいかと思います。

 

●持ち物

忘れ物が多かった今回の旅でした。

ハワイなんて、必要なものはすぐ買えるわーと思っていたのですが、そうもいかなかったりして。

旅に行くときは必需品が結構あります。

 

・栓抜き

ハワイの美味しいビール、ロングボードはビンタイプです。

ということは栓抜きが必要なのですが、ホテルには案外栓抜きがありません。

ABCマートで買うはめになるので、お忘れなく。

 

・ナイフとお箸

同じようにホテルでマンゴーとか食べるときは、ナイフが必要なので、ナイフやお箸もあるとよいです。

ヨーグルトとか食べるときにスプーンもあるといいですよ。

 

・帽子

これを忘れる人はあまりいないと思いますが。

最悪ABCマートで売っています〜。

 

・サングラス

運転の際には結構まぶしいのであると便利です。

 

 

名残惜しいけど最終日です。

帰りの飛行機は、「ハワイ島で買い物あんまりできなくて困ったらホノルル空港でするかも」という欲を書いて、乗り継ぎ時間を長くしてしまいました。
そのせいで朝もあまり時間なかったのですが、少しだけ泳ぎました。
朝の海はよいです。

プールも初めて行きましたが、ビーズクッションみたいな浮き輪があって、これに捕まって浮くと快適!

●さよならハプナビーチ
帰りは車で何回も前を素通りした空港へ向かいます。
車を返すのも、なーんもチェックされず、あっという間に終わりました。

空港はあいかわらずのゆるっぷりで、
荷物の荷重チェックはなんと係員のおじさんが手にもって、うんうんいってそれで終わり!
私の苦労はなんだったんだー。
セキュリティチェックの列も一部屋根がありませんでしたよ。
雨降ったらどうするんだろ。

そして、この空港ですることはあまり無いから早めにいかない方がいいという口コミ通りあまり早くいかなかったのですが、時間は余ったのでお昼にしました。
今回三回目のハンバーガー(^-^;


友達はロコモコにしてましたが、これがすごく美味しかったです。
こんな空港の軽食コーナーなのに。。

ハワイ島って店の種類も数も少ないけど、普通に美味しいですね。

さて、そんなこんなでホノルルに着きましたが、あまり購買意欲もなく、さらに昼休みなのか、店も半分ほど閉まっていて、買い物もホノルルクッキーカンパニーとかそんなぐらいしか買わずに時間が余ってしまったので、
昔コナブリューイングのお店だったのが居抜きで違う店になったとこで、ビール飲みながらまったりしてました。

 

ハワイ島もあっという間。

また来たいなー。
 

最後の日は、せっかくのリゾートホテルなのでまったりと過ごします。

 

 

が、朝から事件が!

 

 

 

 

●朝起きたら、、、あり!

 

目が覚めて、ぼけーとしながらふとサイドテーブルを見ると、昨日の食べ残したナッツになんかが群がっている…。

 

なんと!ありが、ありがすごい!

 

びっくりしました。

 

さらに、部屋の他の食べ物にもありがいっぱい。

まあ、冷静になったら、こんなオープンエアーのホテルだし、蟻ぐらいいるかなあと思いました。

 

朝から、ティッシュで蟻退治です。

 

 

とりあえず食べ物も捨てて、蟻も退治したら居なくなりました。

 

それからは食べ物はすべて冷蔵庫に入れ、食べたらすぐ捨てというのを心掛けまして、それ以来は蟻はそんなにいませんでした


●朝ごはんはラナイで
朝ごはんは昨日ワイコロアで買ったサンドイッチと、友人はモリモリサラダ、あとフルーツ。
カフェハプナで、コーヒー一杯貰えるので、買ってきてコーヒーも一緒に。

まあ、ここにもありは一匹ぐらいいましたがもう慣れてしまい、気にしなくなりました。
朝の海の風を感じて気持ちよい〜。

食べ終わったらもちろんごみは直ぐ様外に捨てていきます。

 

●海でまったり

さて、のんびり食べたあとは、いよいよビーチです。
ハプナビーチはなんかの賞もとったとか言われるきれいなビーチです。

クアベイのほうがちょっと砂もきれいかな。

でも波はこちらのほうが穏やかです。

 

ホテルのビーチなので、身軽で行けるし、ビーチパラソルもあるし、落ち着きますねー。

 

 

プールもそばにあり、快適です。

 

 

水も澄んでいて、岩場には魚もいるため、シュノーケルを借りて(無料!)、魚も見れました。

 

●お昼はプールバーで

 

 

2回目のハンバーガー!

 

これもおいしかった!

さて、その後は、その辺をドライブしました。

とりあえず、またお買い物にワイコロアへ。

昨日はスーパーしか見れなかったので他のお店も物色しました。

雑貨やとか服屋もちょこちょことありますが、特筆すべき店はあまりなかったかも。

ハワイ島って、GAPとか普通のメジャーなアメリカのお店ってあまりないのですね。

その後時間がまだあったので、安いマカダミアナッツを買うためにKTAに行きたくなりました。

 

ワイメアにあったので、KTAに行きつつ、ガイドブックに乗っていた素敵そうなコハラロードに行くことに。

 

●安いマカダミアナッツはやはりスーパーで。

ABCストアや空港でも売っていますが、マカダミアナッツはやはりスーパーが一番安いです。

缶タイプで1ドル弱ほど違います!

あとまとめ売りとかもしているし。


●そして、一番お薦めなドライブロードのコハラロード!
たまたまガイドブックをパラパラ見ていて、なんか草原の中を走った風光明媚な道の写真をみつけ、他に行くとこもないしここにいこうかーとう思い付きで行ってみました。
確かに、二日前の一周ツアーでワイコロアをとおったときに、牧場たくさんで素敵な道だなあとは思っていましたが、そこまで期待していませんでした。

それに、時間も夕方近かったので、外灯の無いハワイ島で夜走る何て危険なことはしたくなかってので、途中で帰ろうね〜と、コハラロード行ってみたら…。

入ったとたんに急傾斜の坂をぐんぐんのぼり、あれよあれよと高い山道になりますが、木とかではない、下草、牧草が一面に生える道です。


もう、反対側は牧草が広がり、反対側はすごい斜面の向こうにはるか下に町が見え、海と空が広がる本当にすごい景色でした!!
うわーうわー、とカーブを曲がり新しい景色が広がる度に思わず叫ぶぐらい。


本当に最後の最後にいいところ来たよー!
車でハワイ島に来た人は、絶対走った方がいいです!
といいつつ、私たちは、ホテルで夕焼けが見たかったので、30分くらいでUターンして帰ってしまいましたが、とても名残惜しかったです。
あの風景は今でも忘れられません。



●最後の夕焼け
素敵なビーチの夕焼け

素敵なプールサイドの夕焼け


●オニオンリングばかりの夕飯

スーパーで夕飯を買うのを忘れ、お腹も微妙だったので、またまたプールバーでご飯にしました。
なんとかとオニオンリングたのんだら、最初の皿にオニオンリングてんこ盛りでした。
言ってほしかった。。。

 

 

●ハプナビーチとハプナビーチホテルは別物!!

 

前日のマサシのツアーの際もハプナビーチホテルの前を通ったのですが、その時右手をさして「ハプナビーチホテルだよ」とガイドさんが言っていました。

その時に、「ホテルは海側(左手)にあるはずなのに、なんで右側に入口なんだろう?間違えたのかなー」と勝手に解釈していました。

そして、いよいよハプナビーチホテルに移動のこの時ですが、ナビの私がうっかり目的地を「ハプナビーチ」にしてしましまた。

そうすると、やはり19号線を左に曲がるように指示がでます。

その通りに左に曲がり進んでいくのですが、あれ、なんだかホテルの入口にしてはラグジュアリー感のない道で、ラグジュアリー感のないパブリックビーチに来ちゃったよ???

先のほうにホテルらしき建物がみえるのですが、行く道がない・・・。

ビーチの入口におばさんがいたので、ホテルに行きたいと言ってみたら「on the highway」としか言ってくれませんでした。訳が分からず、とりあえず19号線に戻ろうとしていた時に、ようやく気づき「ハプナビーチホテル」と目的地を入れなおしてみたら、なんと!やはり入口は19号線の右手であっていたのです。

右に行ってから、19号線のなんと下をくぐって、海側に行く道があったのですねー。


ようやく合点がいきました。

車でハプナビーチホテルに行く方は気を付けてください!

 

● ハプナビーチは素敵!だけど楽しむ時間がなし!

すったもんだした挙句ようやくついたハプナビーチホテル。

やはりホテルの入り口だけあって道路はヤシの木が植えられとても整備されたラグジュアリー感のある道でした・・。

入口でおじさんに、guestかどうかと、名前をいって札をもらいます。(友人はこの札を一瞬で失くしてあとで慌てましたが問題ありませんでした)

ホテルエントランスに到着後自分たちで駐車場に停めに行きました。

エントランスは吹き抜けになっていて海が一望できる素敵な建物です。しかし、時間のない私たちに、それを楽しむ余裕はなし。

チェックインも待たされ、さらに、リゾートフィーを払ってね、という説明を受けたりしてどんどん時間が無くなります。

ちなみに今回はエクスペディアで申し込んだのですが、リゾートフィーを一室一泊30ドル取られました。

ただこのリゾートフィー、駐車場やWi-Fi、さらにはカフェで何か買えばコーヒー一杯、バーで何か買えばマイタイ一杯無料、シュノーケル二人分無料というサービスも付いてきたので、お得感はちょっとありました。

ようやく部屋について、待ち合わせまで30分も切っていたのですが、海に入ったため、猛烈な勢いでシャワーを浴び、厚着を着て、用意をして、ロビーに駆けおりました。。。

 

●マウナケアツアー

マウナケアツアーは、4000メートル級の富士山よりも高いマウナケア山に車でびゅーと登り、サンセットと星を楽しむツアーです。

このツアーもいろいろありますが、今回もマサシにしました。

ただ、富士山よりも高いため、高山病になる、という口コミを聞いていて、事前にとても心配でした。

 

一応ツアーでも対策をしていて、途中のオニヅカセンターというところで1時間ほど夕食休憩をとってゆっくりいけば大丈夫とのことでした。

 

あと、途中で寝るのもNGらしいので、寝ないようにしょっちゅう声掛けとかもやってくれます。

さて、オニヅカセンターで食べたお弁当ですが、言うのはとても申し訳ないですが、予感的中おいしくなかったです(笑)。

よその外人の人が日清カップヌードルを食べていて、(オニヅカセンターで売っていたの?)それがひっじょーに食べたかったです。

あんなに安いのに、はずれがない、カップヌードルって偉大だわ!!

 

いろんな国の人がツアーできていてお弁当を食べていましたが、お国柄が出て面白かったです。

日本のツアーは幕の内とかおかずが何種類も入ったものを、韓国の人は辛ラーメンのカップ麺を食べ、

あとヨーロッパ系?の人は、スチールのお弁当箱に入ったラザニアみたいなものを食べていました。

オニヅカセンターにはお土産コーナーもあり、Tシャツとか、いろいろ売っていました。

惑星ど派手靴下とか星に関係あるグッズが売っています。

 

●サンセット

一時間の休憩後、ダウンのズボンとジャケットを借りて着こみ、車で山頂までずんずん上ります。

車窓からは雲海と、木も草もなにもないまるで火星のような滅多に見れない光景が広がります。

と思ったら、本当にNASAが訓練でここをつかっているらしいです。

 

 

そして、山頂につき、ここでサンセットを待ちます。

山頂には、スバルだけではなく天文台がたくさんありました。

 

 

 

 

高山病は全然平気でしたが、確かにちょっと急いで歩いたり、トイレに行こうとかがんだりするとくらっときました。

そんな環境なのに、他の欧米人?の人は、ワインとかビールとかたくさん入ったバスケットを広げていたりしてびっくりしました。無謀なのか、めちゃめちゃ強いのか、なんなんでしょう。

天気もとてもよく、サンセットは本当にきれいでした。

 

 

そして、一番感動したのは、このマウナケア山頂のハワイアンの聖地と言われている丘。

ここは昔のハワイアンの人のお墓だったそうで今も立ち入り禁止とのこと。

 

今の私たちは車に乗り、ダウンコートを着て手軽にこれますが、ハワイアンの人が、徒歩でここまで(遺体をかついで?)来たのかと思うなんだか畏怖の念を感じます。そもそも登るときは何を着ていたのでしょう??

 

●ほしほしほし

その後場所を変えて、星を見ます。

夜がふけるにつれどんどんと星が増え、本当に満点の星でした。

ガイドさんがレーザーポインターで星をさしてくれるので星座もすごくわかりやすく、リアルプラネタリウムでした。

ガイドさんは、ツアーの度にみんなのカメラをいじっているので、どのカメラがどんな取り扱いなのかほぼすべてわかります!と豪語していましたが、その通り、撮ってもらった写真はとてもきれいです。

 

さらに、私のRX-100ちゃんも見たとたん「おっ!このカメラならちゃんと星が撮れますよ!」、と教えてもらいました。

忘れないように書いておくと、ISOを3200、シャッタースピードを10秒、にして、セルフタイマーにして地面に斜めに置くときれいに取れます!

ほんとこのカメラすごい!

ガイドさんもすごい!

 

 

その後、また山道をものすごい勢いで帰り、10時半ごろにはホテルに帰りました。

やはり予定通りハプナホテルは一番最初におろせてもらいました。

お弁当は文句言っちゃいましたが、とてもいいツアーでしたよ。

 

帰ってからお腹がすいたから、ポキとおつまみをぼりぼりたべ、余ったのでそのまま寝ちゃったのですが・・・。

次の日悲劇が!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目は、午前はホテルを移動し、夕方からはマウナケアの星のツアーに行く予定です。

 

最初は、この日もカイルアコナに泊まる予定だったのですが、よくよくハワイ島の地図を見ていて、

「マウナケアのツアーって、ハプナビーチが一番近いよね」ということに気が付いたのです。

 

もしカイルアコナからこのツアーに申し込んだ場合

行き

カイルアコナ→(一時間ほど)→ハプナビーチ→マウナケア

帰り

マウナケア→ハプナビーチ→(一時間ほど)→カイルアコナ

 

ということで、集合も早いし、帰りも遅くなってしまうのです。

さらに次の日ハプナビーチに移動したら、この道を2回も余計に通ることになってしまいます。

 

というわけで、先にハプナビーチホテルに移動して、待ち合わせもそこにすることにしました。

この計画ではハプナビーチに15時55分集合だったため、それまで時間も有効に使えますしね!

 

●朝ごはんはハワイ島のパンケーキ

パンケーキも一回は食べたいよねということで、朝ごはんはラジャバジャに行きました。

朝のアリイドライブはとても気持ちがよいです。

 

パンケーキはふつうーのオーソドックスなものでした。

 

●アイランドナチュラルズでお買い物

ハワイ島にはホールフーズがないのですが、カイルアコナには、似たようなオーガニックスーパーのアイランドナチュラルズがありました。

ここも「一冊丸ごとハワイ島」に載っていました。

ここには、ハワイ島の名物とか、石鹸とかいろいろうっているので、お土産さがしによいです。

カウコーヒーも売っていました。

 

 

●ハワイ島で一番きれいなビーチ、クアベイ!

いままで見たハワイ島のビーチは、カイルアコナのビーチとか、黒砂海岸とか、あんまり泳ぎたいビーチではなかったのですが、ハワイ島で一番きれいと言われるクアベイを知り、行くことにしました。

ここは、オアフ島で言えばカイルアビーチのようなイメージです。

街から離れて車でしか行けない場所で、さらに白い砂とエメラルドグリーンの海がとても美しいところとか。

場所で言えば、空港とワイコロアとの間あたりにあります。

コブのような山が見えてきたらその裏です。

バスもありませんので、レンタカーがないと100%行けませんね。。

 

入口には駐車場もありますが、いっぱいの時は外まであふれているそう。

でも、19号線から結構車で中に入りますので、19号線沿いに停めるのは辛そうでした。

ちなみに売店とかはありませんが、シャワーとトイレはあります。

 

さて、今回も貴重品の置き場にとても悩みました。

何しろホテル移動の途中なので、スーツケースもあるし、パスポや貴重品すべて持っているのです。

最初はトランクに全部入れようかとも思ったのですが、結局は写真も撮りたいからカメラもだすし、だったら全部手元に置いておこうと浜辺に持ってきて交代に海で遊ぶことにしました。

時間効率は悪いんですけどね。

 

この海、本当にきれいでした!!

水はエメラルドグリーンで透明度が高く、下まで透けて見えるし、変なたとえですが、ミントゼリーの中で泳いでいるような気分・・・。

しかーし、波は非常に荒かったです。

最初はそうでもなかったのですが、どんどん激しくなって、そのうち、波を頭から被って鼻から水をすいこんじゃってちょっと危機を感じました(笑)。

周りの地元民らしき人は、みんなボードをもって波打ち際で波に乗って遊んでいました。

そういう海なのですねー。

 

ちなみに、ハワイではビーチでは飲酒は禁止のはずですが、ここでは飲んでいる人もおりました。

監視員もいなさそうだし、いいのですかね?

 

●コーヒー農場へ

クアベイで遊びまくっていたら、時間もだんだん押してきたので、シャワーを浴びて、着換えて、今度はコーヒー農場へ。

友人が会社の人から「ピーベリーというコーヒーがおいしいらしい!」という情報を得たため、そのコーヒーが手にはいるサンダーマウンテンコーヒー農場へ行くことにしました。

一旦カイルアコナのほうへ戻り、途中で左手に曲がり、どんどん山のほうへ登っていきます。

それも、ものすごい傾斜の道をどんどんと登っていき、こんなところナビがないと来れないよというような人気のない道にありました。

 

とても静かで落ち着いた農園で、時間によって日本語のツアーもあるのですが、残念なことに私たちは時間があわず、コーヒーとお茶の試飲だけさせてもらいました。

 

猫と犬と鶏がくつろいでいる素敵な空間でした。

コーヒー豆は轢いてもらうことも可能です。

 

●さてハプナビーチへ、そしてその前に腹ごしらえ。

時間もだいぶ押してきたので、ハプナビーチにそろそろ移動です。

その前に、お腹がすいたのと、水とか調達するためにワイコロアによりました。

基本的にリゾートホテルエリアには店とかないため、こういうショッピングセンターが唯一のお買い物エリアになります。

ここのフードコートで、照り焼きとエビのランチボックスを購入。

照り焼きは甘すぎていまいちだなあ。

エビは相変わらずおいしいです。

スーパーもあります。

ここのスーパーはABCマート系列のようで、ABCマートで売っていたものが結構ありました。

お土産買うのに便利です。

ただし、街のスーパーよりは若干お高めです。

こちらでお水や、ロングボードと、友人が

「夜のツアーのお弁当の質が心配!もし、お弁当がひどくて食べれなかった時のためになにか食べ物を買おう!」という機転を働かせてくれたため、おつまみ的なものとポキを買いました。

これがのちの英断となったのです。


 

 

 

 

二日目は、マサシのネイチャーツアーの、ハワイ島一周ツアーに申し込みました。

 

レンタカーがあれば、自力で一周できるのではとも思ったのですが、さすがに6時間とか一人に運転させるも危険だし、悪いし、初めてのところで説明がないとわからないし、ということでツアーにしたのです。

コナシーサイドホテルに朝の6時55分お迎えが来まして、帰りは18時半ごろだったので、計12時間ほどの長丁場のツアーです。

なんとなく車酔いが心配になったため、いつもは飲まないのですが羽田空港で買った酔い止めを飲んでみました。

最初は何ともなかったのですが、午後あたりから異様に喉が渇き、水をがぶがぶ飲んでいました。

さらに眠気がものすごくて、アカカ滝を歩く時も半分寝てましたし、車でもずっと船をこぎ、熟睡しておりました。

何かの拍子に起きても2秒後には舟をこいでいるぐらいの熟睡ぶりです。

時差ボケのせいかとも思ったのですが、あまりに眠すぎて「睡眠薬でも飲んだみたい・・・」と話していたら、

酔い止めの副作用の説明に、「のどが渇いたり、眠くなることがあります」と書いてあり、原因はこれか!!

 

 

●まず立ち寄ったのはテックスドライブインのマラサダ

まずハワイ島の左側道路を右回りで回ります。

空港を北上し、ひたすら溶岩と草が広がる雄大な道をずんずんと進むと、ワイメアあたりでこんどは牧場が広がります。

気持ちいい〜。

そして一番最初についたのが、テックスドライブイン。

マラサダで有名なお店です。

マラサダは、予想以上に大きい、ハワイ名物の揚げパン。

アツアツでおいしかったですが、冷めるとまずいらしい。

 

●ワイピオ渓谷

本当はここ降りて、ジュラシックパークみたいなタロイモ畑を歩きたかったのですが、scheduleがあわなそうだったので断念。

もし、また来れたらここに絶対行きたい。

25度ほどのものすごい傾斜の坂を下りた下は、ジュラシックパークみたいな林が広がり、野生の馬とかいるらしいです。

楽しそう!

 

 

●アカカ滝

ワイピオ渓谷ではいけなかったけれど、南国の森の中を少し歩くことができました。

滝には虹も。

 

●ロコモコ

ロコモコ発祥の店らしいです。

安い割においしかったです。でも、のちに空港で食べたほうがおいしかった・・・。

 

●ホノカア

映画「ホノカアボーイ」の舞台の古き良き小さな町に寄りました。

映画館が可愛らしい。映画ではとても広そうに感じたのですが、結構小さかった。

ホノカアボーイは、岡田将生が主演で、性格の悪い彼女(蒼井優)とデートで来たホノカアが忘れられなくて、ここで働き始めた青年(岡田将生)が、日系のおばあさん(倍賞千恵子)からおいしいものを毎日食べさせてもらう、というゆるい映画です。

そのうち倍賞千恵子が岡田君を好きになっていまい、彼女に対して嫌がらせを始めたりと、変な展開になってきますが・・・。

友人に、ホノカアボーイのあらすじを語ったのですが、「それ、面白いの?」と言われました。そうだよね。。

 

●ビッグアイランドキャンディーズ

ハワイ島一番のお土産(というか他にめぼしい名産がない…)のクッキー屋さんにもよりました。

ここでお土産を買いこみます。

。私も後悔のないようにたくさん買いました。


ちなみに、前回母親にホノルルクッキーカンパニーをお土産に渡したとき、おいしさにびっくりして人にあげるはずが結局全部食べてしまったのですが、今回もここのクッキーを上げたらおいしすぎてすぐなくなってしまい、もっとないのかと要求されました。

 

●火山

そもそもハワイ島に行きたいと思ったのは、むかしむかし10年以上前、ハワイ島に行った会社の先輩から、ドロドロ溶岩の上をあるいたよ、という話を聞いたからなのでした。

ドロドロ溶岩に触れるのかなと思っていた思っていたのですが、今はドロドロ溶岩はないみたいでした。

年々火山の様子も変わっていっているのですね。

しかし、火口は大きかった。

想像以上です。

煙はもくもく出ていますが、赤い火は夜にならないと見えないそうです。

 

●黒砂海岸

ウミガメがおりました。

でも、ここはあんまり泳ぎたいビーチではないですね。

 

あとは、プルナウベーカリーや、フルーツ店によってくれました。

このフルーツ店で買った、アップルバナナが超おいしかったです。

全体的にハワイの名所にほぼ行けたのでとても満足なツアーでした。

ただ、黒砂海岸とかハワイ島の下のほうはあんまりいかなくてもよかったかも。

 

マサシさんは、行きたい場所が入っていたのと、口コミもよくて選んだのですが、

ガイドさんが写真を都度とってくれて、後でデータをくれたりサービスもよかったです。

 

 

●カイルアコナ一番の繁華街

ツアーでは順にホテルに送ってくれるのですが、

ガイドさんに「カイルアコナで一番発展しているのはどこですか?」と聞いたら、「あなた方が泊まっているホテル周辺ですよ!」と言われてしまいました。

よくよく聞いてみると、昨日歩いて満足して帰ってきた辺りはメインストリートであるアリイドライブの入口に過ぎず、もうちょっと行くと一番にぎわっているところがあったのでした。

海沿いで夕方には夕焼けがとても綺麗に見えます。

食べるお店もたくさんあって、よりどりみどり。

やっぱりこのホテルはいい立地でした。

夕焼けがきれい!!

 

●ハガス

昨日の夕飯はピザだったので、海鮮が食べたくなって、ハガスというお店にしました。

アリイドライブのコナリゾートホテル側にあります。

コナシーサイドからだと歩いて20分ぐらい?

レストランとカジュアルレストランとバーがとなりあっていますが、カジュアルレストランは混んでいて普通のレストランに入りました。

ちょうど夕焼けが見える時間で、とてもナイスビューなレストランです。

生演奏もあってとても素敵でした。

 

気分に飲まれて、トロピカルドリンクでも頼もうとマイタイを頼んだら、ここのはかなり強かったです。

甘いし、カクテルはご飯とはあまりあわないですね。

というわけでやっぱりうちらはビールだねと、ビールも頼みなおしました。

エビがおいしかった!

 

 

いつもオプショナルツアーはveltraで検索しています↓

 

 

 

 

 

 

今回も、昼間は仕事をし、そのあと羽田の深夜便でいくという予定でした。

 

一週間前まではお互いに、「仕事は余裕~、暇なんだ〜」という状況だったのですが、一週間を切ったあたりからなんだかどんどん忙しくなってきて、当日もひーひー言いながら仕事を終わらせていました。

友人は私よりもさらにひどい状態で、「待ち合わせにぎりぎり間に合うようにする!」ということで、私は先に空港へ到着。一人でWi-Fiを借りたり、ラーメンを食べておりました。

友人はチェックインぎりぎりに到着!

そして彼女は搭乗までお仕事をしていました(笑)

なんだかこの状況、3年前と同じような・・・。

おかしいなあ、今年はお互い余裕だったはずなのに・・・。

 

●羽田に無印はありません

今回は、準備がぎりぎりだったということもありますが、二回目のハワイということでなめていたのか、忘れ物が大量にありました。

その一つが帽子です。

まあ、羽田空港に無印があるだろう、そこで買えばいいやと思っていたのですが、なんと羽田空港に無印はなかった!

無印なんて、こういう施設には絶対あるだろうと思っていたのでびっくりしました。

 

ついでに他に忘れた物は、サングラスとラッシュガードと栓抜きと箸と滞在中のカバンです。

ホテルでロングボード(ビール)を飲む方、栓抜きは必須ですよ!

 

●こんなに狭かったっけハワイアン航空

今回もハワイアン航空でHonoluluまで行き、そこで乗り変えてコナ空港へ行きます。

二回目のはずなんだけど、ハワイアン航空の座席は結構狭く感じましたし、すごく座り心地が悪かったです。

こんなもんだったかなあ。

そうとう足がむくんでしまいました。

もともと時差ボケ防止のために機内食は食べないのですが、 機内食もおいしくないしね。

 

Honoluluでは、2時間半ほどの乗り換え時間があるのですが、一旦荷物をピックアップして自分で預け直さなきゃいけないとか、入国審査が時間かかることがあるので2時間でもぎりぎりという話を聞いていたので、焦っていました。

しかし、この昼に着く便があまりないのか、入国審査もあっというま(それも自動チェックイン!)、ピックアップもスムーズで、全然余裕でした。

余裕すぎてお昼を食べる時間があったぐらい。

初ハワイ食はハンバーガーです。

美味しかったです。しかし、この旅ではハンバーガーをこの後3回食べることになるのでした・・・。

 

●衝撃の建物、コナ空港

Honoluluから40分ほどで、コナ空港に到着。

ついてまずびっくりなのが、飛行機から直接地べたに降ろされ、すぐそばに掘っ立て小屋みたいなのがあるのですが、それが空港のメイン建物だったこと。

なんだこの、東屋は!!

壁というものがほとんどありません。

オープンエアーにもほどがあるというか、雨降らないのかしら・・。

あまりにゆるい空間で、あやうく荷物をピックアップせずに外に出ようとしてしまいました。

 

そこからレンタカーの店舗までバスに乗せてもらいます。

HEATZというお店でした。

カウンターは日本人はおりませんが、日本語の資料はあります。

 

さて、ここで重大な決断をしました。

車にカーナビをつけるはずだったのですが、Wi-Fiを借りたし、Googlemapあればいいかな、と思い、キャンセルしたのです。

これはよい決断だったのですが、それに至るまで結構このあとてんやわんやします。

手続きをしたのち、車を選ぼうと駐車場へ行くと、職員の人が、あっちから好きなの選んでいいよ、と遠くを指さします。

そんな、いい加減でいいのか、と思いつつ、その辺と指さされたところから適当に選んでみました。

コンパクトカーの料金だったんだけど、こんなんだったらなんでも借りれちゃうじゃんとか思うんですけど、気にしないんですかね。

さて、車を決めて(トランクが広そうで、かつ、トランク内が外から見えない形をチョイス)、いざ運転!

ということろで、私は左側にのり、友人は右側に乗りそうになりました・・・。

しょっぱなから右ハンドルに慣れないです。

友人曰く、右ハンドルもふつうに運転できるけれど、ウィンカーだけがどうしても慣れないそうです。

 

●いざ、カイルアコナへ

空港からドキドキしながら、Googlemapを頼りに、カイルアコナへと向かいます。

19号線という大きな一本道なので、ほぼ迷うことはないのですが、どこが到着かGooglemapをにらめっこしてナビします。

この道路は、海岸側は溶岩だらけ、反対側は一面の山の斜面でくさがちょぼちょぼ生えている光景がずっと続くという、かなり雄大な道です。

空港から30分ほどでカイルアコナに到着!

Googlemapかなり使えますね。

 

まずは食料品とかの調達のために、KTAというスーパーに行きました。

後で知ったのですが、日本人のKなんとかさんと言う方が作ったスーパーらしいです。(名前は忘れた)

ナッツとかも安いです。

 

そして、宿泊するのコナシーサイドホテルへ。

コナシーサイドホテルは海近くにありとても立地がよいホテルです。

その割にお値段も安い!

駐車場は二泊で10$でしたが、ちかくに無料の駐車場もあるみたい。

でも荷物を運ぶのが大変なので、ホテルの駐車場に止めました。

部屋もきれいでした。全然十分!

 

 

 

●コナブリューイング

やれやれとホテルの近くを散策。

ちょうど夕焼けの時期で桟橋とかがきれいです。

海はそんなにきれいじゃないけれど、泳いでる人もいました。

ただ、準備不足だったというかあんまりカイルアコナの勉強をしていなかったので

カイルアコナの一番栄えてるところはどこなんだろうねえ、とか間抜けな会話をしていましたが

のちに、まさにここだった!ということに翌日教えてもらうのでした。

 

 

ご飯は、ハワイのビールといえばこれ、ロングボードのコナブリューイングに行きます。

ホテルからも歩いていける立地です。

とても人気みたいで15分ほど待ちました。

ハワイ島のお店は21時に閉店が多いということで、ここもそのぐらいだったので結構ぎりぎりでした。

ビールがたくさんで美味しかった〜。

ピザがケーキみたいな大きさでした。うちらはスモールにしたけど、それでもこの大きさ。

 

帰りに、ABCマートによったら、帽子が16ドルで売っていたので購入。

無印より全然安く変えてよかった!

コナシーサイドホテルは、近くにABCマートがあるのもポイント高いですね。

なんかABCマートいくととても安心する。

 

●Wi-Fi問題。Googleの素晴らしさについて。

 

さて、今回空港で借りたWi-Fiは、6日間で1,5Gという契約でした。

ナビ替わりに使うにしてもぜんぜん十分だと思っていたのですが、

ホテルに帰って、借りたWi-Fiを見ていると、使用量が800Mとなっていました…。

えー!そんな!

たった30分Googlemap見ただけで、そんなにカウントされる???

もしこの先Wi-Fiが使えなくなったら、ホテルにはWi-Fiが付いていますが、車のナビをどうしよう、と相当心配になりました。

いくらハワイの道が一本道でわかりやすいといっても、どこで曲がるかはナビがないとわからないですし…。

このカウントももしかして最初が0になっていなかっただけなのかもしれませんが、最初に確認していなかったので何とも言えません。

 

そんなこんなで、先行きがとても不安になりながら眠りについたのですが、朝起きてやっぱり心配で検索してみたら、

なんとGooglemapってオフラインで使えるのですね!!

知りませんでした。

最初に地図をオフラインで使うためにダウンロードしておき、GPSさえオンにしておけば、全然ナビとして使えるとのこと。

GPSがオフラインで使えるなんてことも知らなった!!

やってみると本当に使えるし、スムーズにGPSも動きます。

Googlemapパネエ!!と感激しました。

本当にすごい世の中ですね。これじゃカーナビなんて全く要らないよ。

というわけで、その後はひたすらオフラインでナビをしていました。

結論としては、車を借りるにしても、カーナビもWi-Fiは借りていかなくていいと思います。

どのホテルもWi-Fiはありますしね。

 

 

人生2回目のハワイに行ってきました。

 

 

今回は念願のハワイ島です。

 

実は、旅行前にゴタゴタがありまして、旅行自体を断念しようかとも悩んだりしました。

結局、無事予定通り旅行行けることになったのですが、そういうこともあり今回は結構下調べを(いつもに比べて)

しておりません。

ただ、ハワイ島自体が、お店の数も観光スポットとかもオアフに比べると少ないのでそう下調べもいらないかもしれません。

 

schedule

1日目:仕事帰りに羽田からまた夜出発。1度あることは2度ある。そして初めてのレンタカー。

2日目:マサシのツアーでハワイ島一周。

3日目:クアベイ最高。ホテルを移動して、夜はマウナケアで星を。

4日目:ハプナビーチでごろごろ

5日目:ハプナビーチでごろごろしてのち日本へ。

6日目:日本帰国。

 

●ホテルの話。

オアフにいるころから、「ハワイでは昼間アクティブに動き回る日は、豪華リゾートホテルではなくてよいのでは??」と思っておりました。

そのため、ホテル代を抑えるためにも、今回は前半のツアーに参加する日はカイルアコナにとまり、後半はハプナビーチホテルに泊まるという工程にしました。

カイルアコナはハワイで二番目に発展している町ということで、ここに泊まればご飯も歩いていけるし、スーパーも行けるし、ホテル代も安く抑えられるし、よい考え!しめしめと思っていたのですが、問題は、ホテルからホテルへの移動をどうするかということです。

なんかバスとか何とかなるだろうと思っていたのですが、ハワイ島にはバスというものがほとんどなく、あるのですが観光客が載れそうなものが全くなく、まったくなんともなりそうにはなく、多分タクシーでいくしかなさそうでした。

最初は、私も運転ができないのでレンタカーを借りる気が全くなかったのですが、同行の友人が「借りよう!」と言ってくれたので、借りることにしました。

海外で初レンタカー!

友人一人に運転させるのもとても申し訳なかったし、初海外での運転とのことで心配だったのですが、友人がほれぼれするプロフェッショナルなドライバーだったため、全部スイスイと運転してもらってしまいました。

本当にありがとう!!

というわけで、ホテルを変更するのはおすすめですが、するならレンタカーが必需品です。

 

●ついでにレンタカーの話。

ついでにレンタカーの話をしますと、はっきりいって、ハワイ島では必需品だと思います。

先にも書きましたが、ハワイ島では公共インフラが全くないため、車がないと、どこもいけません。

そして、四国の半分という大きさの島では一か所一か所が離れているためタクシーとかもいくらかかるのかという感じです。

でも、私みたいにしたくでも運転できないという方は、離れたところにいくのはすべてツアー、ホテルはカイルアコナとかにしたらよいかと思います。リゾートホテル滞在の場合は、ちかくにショッピングセンターがあるホテルがよいでしょうね。

 

 

 

 

去年行ってとても楽しかったため、今年も益子の陶器市に行ってきました!

今回は友人を誘ったのですが、二人ともペーパーのため、公共機関でいきました。
電車とバスで迷ったのですが、圧倒的にバスのほうが安くて楽そうだったのでバスにしました。

茨城交通で「やきものライナー」というバスが出ていて、秋葉原から益子までノンストップで行けるのです。
ただ、普段は一番早くて8時半発なので、それじゃつくのが遅いなあと思っていたら益子陶器市のシーズンだけ、7時半の増便がでるそうです。
しかし、詳細がHPに全く出ておらず、予約もできないらしいので乗れなかったらどうするんだろう・・と様々な疑問がわき、
もうしょうがないので電話して聞いてみました。
その結果、やはり陶器市のシーズンは7時半の特別便がでるとのこと、これに乗り切れなくても様子を見てどんどん増便するので乗れないということはないです。とのことでしたので安心してバスを利用することにしました。

当日、そんなに増便するのなら急いでいくこともないかー、と思い15分前に行ったのですが、すでに50メートルぐらい並んでいました・・・。わおー。
最初のバスには乗れなかったけれど、7時40分ぐらいに来た2台めのには無事乗れました。
よかったよかった。
バスにはトイレもついていて緊急事態には備えがあるのですが、補助いすマックスで人が乗っているので、簡単にはトイレには行けそうにありませんでした。
一応トイレ休憩も一回あります。

7時40分ぐらいに出発して、益子についたのが10時半ごろでしたでしょうか。
結局3時間ぐらいかかったような。
もう益子は人で大賑わい。目につく駐車場も満車ばかりでした。


こちらの方の灰色の釉薬がとても素敵で気になっていたのですが、
一回りして帰ったらもうすでに売り切れていました・・。
やはりすぐ買わないとだめですね・・。



お買い上げしたのはこちら。
左上から鈴木宏美さんのどんぶり、
右上が去年も買った田尾明子さんの片口
下が庄司理恵さんの平皿。

別に意図したわけではないのですが、黄色い器ばかり買っていました。そういう気分なのでしょうか。
真っ白だったり、あんまりつるっとしすぎたマットなのより、釉薬の色にムラがあったり質感があるものが好きなのですよね。
自分で作れないし。

田尾明子さんの作品は去年買ってとても使いやすくて、さらに
なんでも盛るととてもおいしそうに見えるのですっかりファンになりました。
器の厚さも、薄すぎず厚すぎず、でも持っていてとても安心感のある厚みなのです。

鈴木宏美さんの作品は友人もとても気に入って、
「哲学的な作品だよねー」と言っていました。


実は、去年益子陶器市に行ったあとに、教室の先生に
「自分で作れるかもと思うと買うのに躊躇しちゃいますね」と話したら
「見るだけではなく、実際に使ってみるととても勉強になりますよ!
それに作家さんのためにもなりますし」と言われて、なるほど!と思い今回はたくさん買ってみることにしました。
と言っても3つですが。
でも、とてもうれしいです。
見ていると、もっと釉薬を工夫したり、茶色いのが作りたくなってきました。


5時間ぐらい滞在したのですが、あっという間に時間はたち、帰りもバスで帰りました。
16時発のバスで、30分前に行ったら10人ぐらい並んでいましたが、ちょっとまつともう50人ぐらいの行列に。
でも、帰りも行きに乗った人から計算して増便するみたいです。
16時に乗って、秋葉原についたのは8時に近かったので4時間ぐらいかかったのでしょうか。
でも、歩き疲れたからバスはやっぱり楽だと思いました。
やきものライナーおすすめですよ。もう少しHPは即時更新してほしいですが。
乗っている人たちがどんなの買ったのかとても気になりました。



 


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

momiji

じゃらん

expedia

楽天

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ふるさと納税にはまりました
    レンコン
  • ふるさと納税にはまりました
    yuri
  • さばの味噌煮の残り汁
    レンコン
  • さばの味噌煮の残り汁
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • サラダが嫌い
    レンコン
  • 新国立美術館でランチ
    レンコン

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM