一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

夏というか梅雨真っ盛りですが、
クリスマスにもらったお菓子の家作りに誘ってもらい、作ってきました。

お菓子の家とは、無印のお菓子の家キットで、毎年売っているのは知っていましたが、
作る機会はなかったため、ちょっと気になっていたものです。

キットはコンパクトな箱ですが、工程はえらく長くて、すごく大変でした。
製作時間目安3Hと書いてあったけど、6時間ぐらいかかりました・・・。


こねて、冷凍して、型抜い、焼くのが4回(オーブンに入りきらないため)
そして、組み立てる・・・。


でも、苦労したかいあって出来上がりはなかなかすごいですね!
自画自賛。
みんなで作ったから皆画皆讃!
感動です!

みんなで集まって、わいわいやるのはとても楽しかったです。
でも、毎年やる人は根気があるなあと思いました。
このキットも、パーツを焼いといてくれて、組み立てるだけにしてくれたら楽なんだけど。

友達が遠くに行くので、久々にみんなで集まって壮行会をしました。

みんな呑むし、家飲みがいいかなと我が家で。
日本を離れるので、日本酒を用意し、それにあうツマミを考えました。

日本酒は、お店で飲んですごく美味しかった、醸し人九平次にしました。
すごく美味しいです。
さて、おつまみですが、なかなか直前まで決まらず、とりあえず和食系で、

きんぴら
茄子の味噌煮
タコの自称クロアチア風マリネ

あたりを決めて、あとはアヒージョでも作ろうかと思っていたら、ちょうどその頃たまたま行ったボテトサラダ専門店、ポテトクリームというのですが、そこで食べたマッシュクリームになすとトマトのひき肉煮をかけたものがめちゃめちゃ美味しかったのでこれを真似て作ることにしました。
マッシュポテトをつくって、その上にズッキーニとひき肉とトマト煮(みたいなもの)をかけてみました。
お店とは違ったけれど、まあこれはこれでいいかも。



自称ポテトクリームとトマト煮


あとは、サケトバとチーズ、
そしてみんなが持ってきてくれたパスタ揚げやデザート、煮魚、あと、なぜか鱧とか持ってきてくれたり、とても盛りだくさんな量となりました!

みんなかなり飲んべえなので飲むだろうとは思っていたのだけど、四人で空けたのは

日本酒       1本
ビール(350mm)  12本
チューハイ    1本
ワイン       2本
・・・・

飲みすぎ!!!
終わった後に、缶とビンがごろごろ!!

さすがにこれは飲みすぎで、お開きになった後相当具合が悪くなりましたよ。
私だけかと「みんな強すぎ・・」と思っていたら、みんなそうだったみたいで安心(?)
まあ、こういうこともあまり機会がなくなったから久々とても楽しかったです!

一年間だけど、楽しく無事に帰ってきてほしいな。

壊れるときは、立て続けに壊れるもので、長年使っていた電気ケトルもいきなり壊れてしまいました。
消費税増税前に壊れてくれればよかったのに。

ハリオのガラス製のパワーケトルを使っていました。
まだ、樹脂の部分が白い、結構前の製品です。
このハリオさん、ガラスだから匂いはつかないし、中身も見えるので水の量とかをすぐ把握できて
とても便利だったのですが、
震災の後には、そのガラス製ということがとても気になっていました。
割れたら怖いから、買い換えようなかーとも思ったのですが、壊れてもいないのに捨てるのももったいないし・・と
3年使い続けましたが、このたびめでたく(?)壊れたので、晴れて大手を振って買い換えることにしました。

買ったのはRussell Hobbs(ラッセルホブス)のカフェケトルです。
ハリオが壊れてすぐ次の日には買っていましたよ。
これは、すぐ悩む、人生悩みまくりの私にしてはとても珍しいことです!
なぜ即決できたかというと、実は、次の電気ケトル問題は、4年ぐらい前に解決済みだったのです。
このラッセルホブスですが、今まで2人の友の結婚お祝いに、親戚に、プレゼントしております。
その時に、電気ケトルはいろいろあるけれど、樹脂製だと絶対お湯になんか悪い成分がでそう。というのと
臭いがすごいつくという口コミがいっぱいあったので、絶対ステンレス製かガラス製にしようと思ったのでした。
そうすると、電気ケトルの一大ブランドのティファールが却下され、ハリオかラッセルホブスが残り、見た目もおしゃれなこのラッセルホブスがよいとの結論に達していました。
実際、使った感想を聞いても、変な臭いはしないよとのことでした。
さらに、兄の家にいったら、台所にこれがまたあるのを発見。
人気だなあ。
というわけで、次買うのはこれに決定。
そして、数年たってみるとステンレス製の品ぞろえはだいぶ増えてはいましたが、やっぱりこれが一番よさそうな気がしました。

さっそく使ってみたのですが、やはり変な臭いはしない(気がします)。
まあ、私の鈍感な舌の評価ですが。
外側も内側もステンレスで、口も広く、手がすっぽり入って洗いやすいです。
また長くつかうぞー。



 

妙にフルーツがぎっしり入ったフルーツケーキが食べたくなって、ひと月ぐらい前から、ドライフルーツのブランデー漬けを作っていました。
そして、頃合いをみて、久々にケーキを焼きました。
フルーツケーキは昔から作っていますが、いつもバターケーキは黄身と白身を別に泡立てる別立て法で作っていました。
というかそれがふつうの作り方と思っていました。
メレンゲを泡立てるのがめんどくさいけれどフワフワーにできます。
会社でいろんなことがあったのとホワイトデーだったので、女子っぽくこのケーキを持って行ったのですが、
メレンゲと別立てなんだねーと言われて、「あれ、もしかしてこの作り方って一般的じゃない?」と疑問がでました。
ケーキ自体は好評だったので、気分がよくなり調子にのって、また作ってみました。


これは別立て法のケーキ。


そもそも、調べてみると、バターケーキの作り方はいろいろあるらしく、
・卵を一緒に泡立てる方法(シュガーバッター法というらしい)
・メレンゲを別に泡立てて後で混ぜる別立て法(今まで作っていたやつ)
・粉を後で入れる方法
等々実に奥深いですな。

それで、2個目はシュガーバッター法で作ってみました。
バターと砂糖を白くふわふわになるまで泡立ててから、卵を少しずつ入れて泡立て、粉を入れるやり方です。
膨らむのかしら?と心配でしたが、メレンゲ入れなくても膨らむんですねー。

↓シュガーバッター法のケーキ



焼きあがってからブランデーを塗り塗りして、2、3日寝かしてからまた会社に持っていきました。
でも、どちらがいいか感想を聞いてみたら、別立て法のほうが、ふわふわしていていいという意見が多かったです・・・。
あれー。

 

2013年の暮れ、突然干し野菜が作りたくなってきました。

とりあえずプチトマトやショウガをオーブンで焼いてみたのですが、思いのほか時間はかかるし、
オーブン2時間もやっても完璧にはできないので、せっかくだから外で干してみようと思って
アマゾンでポチっと網を購入〜。
800円ぐらいで簡単に買えるのですね〜。

さっそく新年から、大根とごぼうをサクサク切って干してみました。
一日では生乾きだったので、3日ぐらい出しっぱなしです。


完成版の大根とごぼうです。
大根はまだちょっと分厚いのは半乾きです。

しかし、本当に大根は甘くなります!
びっくりするぐらい。
そのままポリポリ食べてもおいしいです。
干し野菜すごい。



その大根とごぼうをつかってきんぴらを作りました。
干し野菜のメリットは、カラカラだから、しょうゆなどの調味料のしみこみがとても良い気がします。
いつもより味が染みて、野菜も味が濃くて、おいしく出来ました!

ただ、干し野菜は外気にさらしているため、小さなチリはつく気がします。
使う前には洗ったほうがいいかも。


これは関係ないけれど、「風立ちぬ」を見てからずっと食べてみたかった「シベリア」を
とうとうスーパーで見つけたため買ってみました。
念願のシベリアー。



シベリアとは、羊羹をカステラで挟んだお菓子です。
風立ちぬで、主人公が夕飯として買ったのですが、通りで見つけた貧しい子供たちにあげようとしたお菓子ですね。
これを夕飯にしようとしていたみたいですが、これだけじゃ物足りないよね。
でも、食べてみたいとずっと思っていた割に、実はたいして美味しくないんじゃないかとうすうす思っていたのですが、
予想以上にかなりおいしかったです。
羊羹とカステラってあうんですね。
あったらまた買いたいです。

 

あけましておめでとうございます。

2013年の大みそかの晩は、私が作ることになりました。
何にしようか前日まで考え、悩みすぎて、もういいや、チキンのオーブン焼きでもしようかと思ったのですが、
チキンじゃあんまり大みそかののごちそうっぽくないなーと、気を変えて、
突然ビーフストロガノフにしました。

こういう時にしか作る機会がないホルトハウス房子さんの「西洋料理」の本で
一月のおもてなし料理のビーフストロガノフの写真がとてもおいしそうで気になっていたのですが、ほんとうに作る機会がないため、いい機会でした。
本では、牛肉は「テンダーロース」という部位で600グラムも使えと書いてありましたが、シチュー用で代用・・・。
さらに、恒例のドライベルモットも、そんなもの見つからないので、適当に白ワインで代用・・・。
さらに、トマトペーストもケチャップで代用・・・。
でも、エシャロットはちゃんと入れましたよ。

ところが、こんなつくりでも、かなりおいしかったです!
自分で自画自賛!
生クリームとサワークリームと牛の肉汁がたっぷり入ったソースがおいしい!!
シチュー用のお肉は少し硬かったですが、でもこの濃厚ソースがからまってごちそうになりました。
カロリーはすごそうです。

あと、これも一月のおもてなし料理のブロッコリーとカニ缶のサラダも作りました。
切って混ぜるだけでしたが、松の実とパルメザンチーズとレモン汁という自分では思いつかない
高尚なお味でおいしかったです。
さすが「西洋料理」。





おせちは恒例の母の味です。
今年もおいしゅうございました〜。
毎年毎年、大変だ大変だと言いながら、なんやかや新作を1,2個作るので、本当にえらいなあと思います。
昆布巻きも栗きんとんも黒豆も鳥のごぼうまきもおいしいです。
いろいろあって兄のうちで、新年会でした。
評価:
ホルトハウス 房子
文化出版局
---
(2004-11-09)

友達のうちでホームパーティがあったので、持ちより料理としてケークサレを作ってみました。
以前、ホームベーカリーでつくったときにひどいできだったのがトラウマになっていたので、ちょっと躊躇したのですが、今度はホームベーカリーではなく、手作りで挑戦しました。
COOKPADで、ちょいと調べたらでるはでるわ、レシピの山でした。
みんなケークサレ好きですね。

でもつくって見たらとても簡単で、さらに今回はうまくできました!


卵白とか別に泡立てなくてもベーキングパウダーで膨らませちゃうから簡単!

ホームパーティ自体は、これなくなっちゃった人がいて、結局二人でやったけれど、唐揚げや南蛮漬けを作ってくれて楽しかった〜。最後はお絵描きに夢中になってしまった!

こういう楽しみができるのは本当に今の年になったからだなあと思います。

いろんなストレスや体調不良が重なった一週間でしたが、ようやく胃は回復してきました。
胃痛にはガスター10すごくききますねー。

ひな祭りとうことで母が恒例のちらし寿司作ってくれました。
なんだか今年は穴子もカニもいくらも入ってとても豪華!!
母いわく蓮根がポイントらしいです。



寒い寒いと思っていたけどもう春ですね〜。
いつのまにか梅も満開です。
梅好きなのに今年は梅のこと忘れてました。
見に行かないと。

先日、久々外ランチに行きました。
パスタが食べたくなってはじめてのお店へ。
メニューにプッタネスカがあったので、ワクワクしながら頼んでみたら、かなり妙なアレンジが加えられていた。
まず色が茶色く、様々な野菜がもりもり、アンチョビの味はせず、砂糖がはいったように甘辛い、まるですき焼きのような味。
なんじゃこりゃーというもので、思わず
プッタネスカって娼婦風だよね?ってその場で検索してしまいました。

それ以来、食べたくてたまらなくなり作ってしまいましたよ。
アンチョビとトマトとオリーブとニンニクという、家にあまりない材料で簡単には作れないメニューなんですが、作ってみると作業は簡単です。
こんなに単純な味なのに、ほんとにおいしい!自画自賛ですが、かなり美味しかったです。
プッタネスカって実ははじめて知ったのはジョジョなんですが(そういう日本人はかなり多いのでは?)、こねくりまわした味よりこういう単純な味が大好きです。


シチューを作ろうと思ったときに、、またまた平野さんの本ですが、「味噌クリームシチュー」というのがあったのを思い出し、味噌を投入することにしました。

具も最初はチキンとにんじんだったのを、キャベツが残っていたのを思い出しいれてみたら予想以上に量が多くて、キャベツ煮込みみたいになってしまったところに、キノコ入れて、味噌を入れて、
シチューといっていいのかわからないごった煮です。

DSC_0442.JPG

ところが、味噌がかなりおいしかった!!
味に深みが出るというか、コクがあるというか、ここまでクリームとマッチするか!と驚く味です。
ちょっとはまりそう。
オススメです!





PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

momiji

じゃらん

expedia

楽天

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ふるさと納税にはまりました
    レンコン
  • ふるさと納税にはまりました
    yuri
  • さばの味噌煮の残り汁
    レンコン
  • さばの味噌煮の残り汁
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • サラダが嫌い
    レンコン
  • 新国立美術館でランチ
    レンコン

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM