一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 ●ブセナでお茶
古宇利島からまたタクシーでホテルへ帰宅。
古宇利島には流しのタクシーなんてないので、電話で呼んできてもらいました。
これも、ガイドブックのタクシー会社に電話すると、範囲外だからだめですとか断られてしまったので、
ブセナテラスに電話してタクシー回してもらいました。
やっぱりタクシーは不便ですよ。。。

本当は、森カフェとか行きたかったのですが、
時間がなく、せっかくいいホテル泊まっているのだから、ホテルを満喫しようということで
最後の日の午後はブセナを満喫しました。
ただし、時間がないもので、満喫というか分刻みのスケジュールです。
森カフェでお茶ができなかったので、ブセナのロビーでお茶。
ここの青いコップが非常に気に入りました。

沖縄の強い日差しがあたって、本当に綺麗。
ホテル内ショップに売っていたので買おうかと悩みましたが、狭っくるしい我が家にあっても
この太陽の下できらきらしているほど輝かないだろうと思ってやめました。
高かったというのもありますが。




●お土産さがして右往左往

喫茶店に行って、一泳ぎして、シャワー浴びて、ショップをうろうろ。
ここのお土産やさんは、高いものしかなくイマイチだなあと思っていたら、
最後に立ち寄った、エントランス近辺の工房にとてもかわいい小物がいっぱい売っていました。
最後の最後に気がついて、時間がなくあせりながら、物色。

●夕飯はランブルフィッシュ
一番夕日が綺麗に見えるという、シーフードレストラン。

敷地内の一番はじっこにあって、敷地内なのにバスで向かいます。

ちょうど前に、海中展望台がありますが、これが海に浮かんでいる姿がとても写真が映える。



席も海側にしてもらい、次々と色が変わっていく夕焼けを見ながら食事ができるという
とても贅沢な時間でした。

食事は、入り口に並んでいる魚を選んで、料理の仕方を選んで注文するというメンドクサイ方式。
普通にメニューでくれればいいのに。
量がどのくらいでてくるのかさっぱりわからないため、適当に頼んだらちょっと多かった。
けれど、値段はそんなでもなく、昨日のご飯+タクシー代ぐらい。
安い魚をえらんだせい?


この席、眺めはよくて非常によかったのですが、蟻んこがいっぱいたのがちょっと難点。
まあ、屋外だからしょうがないのかも。


のんびりご飯を食べているうちに、空もどんどん赤くなり



そのうち真っくらに。
あまりに刻一刻と色が変わるため、このアングルの写真が山ほどあります。


●三日目は帰宅。

この日の朝食もファヌアンで。
卵の焼き方だけ変えたけれど、その他は同じ。
でも、ここだったら毎日でも通いたいぐらい。

早い飛行機だったため、特に何もせず空港へ向かいます。
帰りは、リムジンバスだったのでちょっと楽。

http://cdn.jalan.jp/jalan/images/pictL/Y0/Y390800/Y390800629.jpg  


 二日目

●ブセナのラグジュアリーな朝食
朝食は、和食か洋食かバイキングが選べます。
とりあえずこの日は洋食ということで、夜は子供も入れない高級レストラン「ファヌアン」に行きました。
これが、とても良かった。
外の海が見えるベランダで、サーブしてもらいながらの朝食は本当に気持ちよいです。



あまりに気に入ったため、次の日もここにしました。
バイキングとか行っても、食べれる量は限られてるしね。


●綺麗な海の古宇利島へ

ガイドブックの綺麗な海の写真と、「ウニ」が名産という文句につられて古宇利島に行きます。
もちろんタクシーで。
本島から橋がかかっていて、車でいけるのです。
海はすごく綺麗でした。
やっぱりブセナの海よりも綺麗。
めんどくさいので、足しか入りませんでしたが満喫。




●ウニを探して右往左往

橋を渡ったたもと辺りに、道の駅のような物産市があり、野菜や黒糖やジャムなどお土産を売っていました。
友人は、前日食べて気に入ったヘチマをここで購入。
「ええっ、それここで買うの??」とびっくりしましたが。
といいつつ私もジャムやら塩やら重いものを購入。

そして、おなかもすいたので、昼ごはんに。
お昼はウニ丼!と決めていたので、お店を探しのですが、みつからない・・。
とぼとぼと歩くうちに民家のほうまで来て、暑いし重いし日は照り付けるしで、日射病で倒れるかと、どうしようと思っていたときに
遠くに「ウニ」という看板を発見。
もうここでいいよ、と目指していた店ではないのだが、ようやくご飯にありつくことができました。
汗だらだらだったため、ここで飲んだビールがおいしかったこと。。。
ウニもおいしかったです。



http://cdn.jalan.jp/jalan/images/pictL/Y0/Y390800/Y390800629.jpg  

沖縄に来るのは10年以上ぶりでした。
なんだか空港の近辺もだいぶ記憶と変わっていましたね。

我々は、基本タクシー移動なので、空港からの移動もまずタクシーです。
これは、ネットで6時間貸切10000円というパックを探して事前に予約しておきました。
 空港まで迎えに来てくれます。
タクシーに乗って、はるばるとまず美ら海水族館に向かいます。
途中に許田道の駅によって、美ら海水族館の入場券(少し安いらしい)と、
早速お土産をしこたま買っている私達・・・。

でも、ここには泡盛だの塩だのかなりいろいろ売っていて、楽しかったです。
ここで買った、100%シークワーサー液というのが、その後の夏いっぱいとても役に立ちました。
焼酎で割ったり、ジュースにしたり、おいしかったのが味噌とごま油と水で溶いたのに入れて
そうめんにかけたもの。
さっぱりしておいしかった。

●美ら海水族館
タクシーのおじさんに待っててもらって、水族館内へ。
うわさの美ら海水族館はすごい迫力でした。
撮った写真を後からみても、ありえない人とサメの対比です。
大水槽のそばには簡単なカフェテリアがあって、一杯やりながら魚を見ることができます。
ぼーっと見ていると、時間がたつのを忘れちゃう。




●カキ氷を食べながらブセナテラスへ

タクシーに乗っていると、県道84号線を通っていました。
ふと気がつくと、「新垣ぜんざいや」があって、「あ、ぜんざい、ぜんざい」と話していると
タクシーのおじさんが、寄ってってくれました。
ぜんざいやは、氷小豆で有名店らしく、内部でも並んでいる人が多数。
さらに、店内にはクーラーがなく、よりおいしくカキ氷がたべれるのかな?
少し待って、氷を入手してから車内で食べましたが、
思ったよりもボリューミーで、最後は結構いっぱいいっぱい。

●ラグジュアリーなブセナテラス
ブセナテラスまで送ってもらい、タクシーとはここでさようならです。
ホテルに入るとまず海から続く開放的なロビーに圧倒されます。
そこで、ウェルカムドリンク飲みながら、いいところだねえと喜んでいると
さらにうれしいことが。
予約したのは、山サイドだったのですが、シーサイドが空いていたため、
部屋を変えてくれるというのです。
もちろん即答でOKです。
私達は、飛行機の事情もあったため、ツアーやパックでもなく、直接ホテルを予約したのですが、
どうもそれがよかったみたい。やったー。




●夜ご飯は外へ
ブセナは内部にレストランがうじゃうじゃありますが、高そうなので一日目は夜ご飯は外に行きました。
もちろん、車がないのでタクシーです。
本当は、評判の良い近所のご飯どころ(どなんちとか美ら花)に行くつもりだったのですが、
タクシーのおじさんに、この辺は高いし混むよ。名護まで行けば、タクシー代はかかるけど、
その分すいているし安いよ、と言われ、じゃあそこまで、と名護のお店まで行きました。
おいしかったし、よい店だったけれど、名前を完全忘却。
二度と行けないね。
友人はここでヘチマを食べ、気に入ってました。

ところで、後から計算してみると、タクシー代を入れたら、外の安い店いっても、ブセナのレストランで食べても、なんだかあんまり変わりませんでした・・・。




http://cdn.jalan.jp/jalan/images/pictL/Y0/Y390800/Y390800629.jpg


 

 だいぶたったこの時期にアップするのもどうかと思うのですが、
寒くて夏が懐かしいのと、なんだか当分旅行に行けない気もするので書いてみました。

09年の沖縄旅行です。
きっかけは、マイルがたまったので。
一緒に行く友人に沖縄のどこ行く〜?と聞いたら
ブセナテラスがいい、とリクエストされたので、ホテルはブセナにいたしました。
意外に、なんだかセレブな旅だった・・。

さらに、沖縄ではレンタカー移動が一般的だと思うのですが、
私も彼女も悲しいことにペーパードライバーだったため、長距離移動ができませんでした。
そのため、2泊3日しましたが、ブセナ〜美ら海近辺で完結しています。

日程は、こんな感じ。

1日目    美ら海水族館、ブセナテラスで泳ぐ
2日目    古宇利島、ウニ丼
2日目後半 ブセナテラスでランブルフィッシュ。
3日目    帰る




ブセナテラスのプール。

 

http://cdn.jalan.jp/jalan/images/pictL/Y0/Y390800/Y390800629.jpg

1

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

momiji

じゃらん

expedia

楽天

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ふるさと納税にはまりました
    レンコン
  • ふるさと納税にはまりました
    yuri
  • さばの味噌煮の残り汁
    レンコン
  • さばの味噌煮の残り汁
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • サラダが嫌い
    レンコン
  • 新国立美術館でランチ
    レンコン

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM