一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

今年の大河ドラマがひどすぎる、つまらない、と、ずっと書こうかと思っていたのだけれど、書くまでもない話題なのでちゅうちょしてました。
でも、今週を見たら、初めて面白い!と思ったので、書くことにしました。

結構大河ドラマは好きなんだけど、今年はあまりに突っ込みどころが多すぎたと思います。
自分なりに何がいけないのか考えたら、
まず何よりも、10歳にもならない子供時代からすべて大人の役者が演じたところ。
これがなによりもすべての元凶だと思う。
あきらかに無理がありすぎるから、上野樹里ちゃんだって、ばかっぽい演技するしかなく、のだめみたいだとたたかれ、さらにいつまでたっても外見が髪型しか変わらないから、成長したのかもわからず、時系列もわからずめちゃめちゃになっちゃうんですよ。
さらに、子供のはずなのに無理に歴史に絡ませようとするから、光秀に説教したり、伊賀越えしたり、清洲会議にしゃしゃりでたり、秀吉をどつきまわしたり、どんどん話がおかしくなってくる。
無理に子供を主役にするよりも、前半ははしょるか、お市の方を主役にしてそっちをメインに語らせればよかったのに。

最近が面白くなってきたのは、江が秀吉の養女になり、秀勝の妻になり、本当に歴史を動かす一員になったからだと思います。
秀次に説教しようが、幽閉中に会いに行こうが、義理の妹なんだから、無理がない。
光秀に10歳にも見たいない娘が説教するのとは全く違う。
だから、最初から、そこらへんからメインに書けば良かったんだよ。
上野樹里だって、最近のような落ち着いた演技のほうが映えるし。
秀次との最期との会話など泣きそうになりました。

あと、脚本が変なのは言うまでもないのですが、
他の登場人物があまり魅力的にかかれておりません。
特に秀吉とおね。
滑稽に描かれるのはいいのですが、何が人をそんなに惹きつけるのか伝わらず。
肝心の一番の味方のはずの妻だって、口を開けば夫の文句ばかり。
清洲会議で三法師を利用するのも文句をいい、江を嫁にやる時は離婚すると文句をいい、関白になるのも文句をいい、ほれてると口では言いながら、一体本当に好きなのか?と疑問に思うぐらい。
嫁がこき下ろしているのに、視聴者にその魅力が伝わるわけがないじゃないですか。
ただ、秀次はとても良かったです。
よく言われる暗愚でもなく、頭が切れて冷静、こういう描き方は初めて見ました。
役者の方もすごいうまかった。

これから、江が向井秀忠に嫁いでどうなるかわかりませんが、
とりあえず、秀次切腹の回がとてもよかったので、書いちゃいました。。
他にも言いたいことはいろいろありますが、長くなるのでこの辺で・・・。

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • 23:23
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

momiji

じゃらん

expedia

楽天

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ふるさと納税にはまりました
    レンコン
  • ふるさと納税にはまりました
    yuri
  • さばの味噌煮の残り汁
    レンコン
  • さばの味噌煮の残り汁
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • サラダが嫌い
    レンコン
  • 新国立美術館でランチ
    レンコン

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM