一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 6日目は、午前がヴェネツィアをフリータイム、午後はミラノに行きがてらヴェローナによるという旅程です。

時間が限られているので、有効に動こうとがんばりました!!(がんばりすぎた・・)
とりあえず今日の(このたびの)目標の一つが、サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会の鐘楼に登る!です。
この教会の鐘楼は、一回も登ったことが無かったのでぜひ行きたかった。
さらに、この鐘楼は(サン・マルコ広場の鐘楼もそうですが)エレベーターであがれるため、高齢者にもとても適しているのです!

●本日一回目のヴァポレット
この教会が9時半からなので、フェロビアの水上バスから8時42分の2番に乗り、ゆっくり運河を通りながら教会のある島に向います。
確か、9時22分ぐらいに到着しました。
ヴァポレットの時刻表は、サイトで見れますよ。
ヴァポレットは、一回6,5€とバカ高いのですが、24時間券が18€であります。私はこれを昨日の夜に買い、結局滞在中に5回乗りました。かなりモトを取れました。

●サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会
パラディオ作の、古代ローマ建築のようなどうどうとした建物です。
ところが、有名なティントレットの作品が一枚しかない!
聞いてみたら、「12月までないんです」とのこと。
修復でもしていると思ったらすっかり忘れていたのですが、今ヴェネツィアビエンナーレやってたのね。。。
そのせいで、ティントレットは別会場に持っていかれてしまいました。
さらに教会の内部に、焼肉屋の換気扇の巨大版みたいなのが釣り下がっていて、なんだろうと思っていたら、これも現代アートの展示でした。
下から煙をだすらしい。
しかし、私は束芋さんの絵も苦手だし、現代アートよりボッティチェリが好きな人間なため、とてもがっかりでした。

●鐘楼
鉄骨で組み立てられたようなエレベータで上に上がります。
ちょっと怖かったです。
ちなみにこのエレベータは、ジョジョでブチャラティが死闘をした場所としても有名です(^^;)。

上からの眺めは、とても素敵でした。
サン・マルコ広場も一望です。

そして、中心地だけでは無く、
反対側の自然が残るエリアも素敵でした。
本当に海の上にある町なのだなあと感じます。
そして、結構広い。
海の上に、こんなに広い町を作るくらいの力をもっていたんだ、さすが、かつて天下をとっただけある、と、過去の栄光がひしひしと伝わってくる。



●ザッテレへ
鐘楼からの眺めを堪能した後、またヴァポレットで対岸に渡りました。
ここで、ヴェネツィアの心の師匠陣内秀信さんもお勧めの「ジェラテリアニコ」で、対岸を眺めながらジェラートを食べる予定だったのですが、ここも閉まっている!
時間が早すぎたせいかと、となりのバールで聞いてみたら、お休みだよと言われました。。。
なぜ!ジェラート屋さんにふられてばかり・・。
しかし、トイレに行きたくなったので、ここのバールでカプチーノをいただきました。
ここのトイレがイタリアでありえないくらい非常に綺麗でした!
イタリアでこの綺麗さは感動ものです。
カプチーノもおいしかったし。
ここ↓


ここから、リアルト橋まで散策です。
ゴンドラ造船所とか見ながらのんびり歩きました。(途中時間が無くなり超早歩きになりましたが)

●トノーロ
ここも行って見たいと思っていた、お菓子屋さん「トノーロ」に途中立ち寄りました。
ここは7時台から空いているらしい、地元に人気のお菓子屋さんだそうで、実際、地元客でとってもにぎわっていました。
とりあえずシュークリームを買ってみたのですが、おいしかった!!

さらに、この店の驚くべきことが、全てのケーキが1€なのです。
1€=110円!!びっくり。
100円ケーキ屋さんですよ。
その場でシュークリーム食べ終わって、もっと食べたくなったので、さらにチョコケーキと、アップルシュトルーデルみたいなのと、アンズのタルトっぽいやつをさらに買ってしまいました。
これも全部1€!!
全部美味しかったです。
アイス食べれなかったけれど、ケーキを二個も食べたからいいか。

イタリアって、ワインも、カプチーノも、ジェラートも、ケーキも安くて、本当にいい国・・・。

さて、そろそろ時間がなくなってきたので、急ぐことにしましたが、途中、サンタ・マリア・デ・フラーリ教会に立ち寄りました。
しかし、時間が無いため、ティッツィアーノを見て、早々に立ち去ることに。

13時にホテルで集合ということで、お昼をリアルト近辺で買っていってホテルで食べることにしました。
●ランチ
お昼を買うのに、リアルト橋近くの、地元住民(ぽい学生)で賑わっていたバールでハムときのこのトラメツィーノを購入。
イタリアで珍しい、柔らかいパンのサンドイッチです。
硬いパニーニに辟易していた母親も気に入っていました。
このサンドイッチ、ハムが美味しかったです。
運河を見ながらむしゃむしゃ。


ホテルから、また水上バスでトロンゲットに行き、バスに乗り込んでヴェローナ経由でミラノへ。
ここからは、フリータイムもないし、流れに身を任せます。要するにツアーの観光のみということです。

ところが、ヴェローナでは、観光ではなく、1時間半のフリータイムでした。
ジュリエットの家も興味ないし(行った事あるし)、なんか買い物が足りない気がしたので、またまたフルラで買い物をしてました。
ヴェローナって、案外ブランドのお店もスーパーもあるし、買い物スポットなんですね。
フルラも、ローマと品揃えが全然違いました。





  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • 23:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

momiji

じゃらん

expedia

楽天

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ふるさと納税にはまりました
    レンコン
  • ふるさと納税にはまりました
    yuri
  • さばの味噌煮の残り汁
    レンコン
  • さばの味噌煮の残り汁
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • サラダが嫌い
    レンコン
  • 新国立美術館でランチ
    レンコン

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM