一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

視聴率がヒドイと話題のかわいそうな大河ドラマの清盛。
私も前回散々にこき下ろしました。
しかし、最近、特に偉大な父中井貴一が死んで、平氏の棟梁になってから劇的に面白くなっています。
なぜかというと、棟梁になってから身なりが綺麗になったから。
ボサボサ頭(アホ毛)も無くなり、雑巾みたいな着物も変わりました。
それだけで、なんと画面が見やすくなったことか。
なんで最初からそれをしていなかったんでしょうか。

しかし、かわいそうなのは、それでも視聴率が悪いこと。
盛り上がった保元の乱でさえ、だめだったとか。
でも、この大河ドラマはがんばってるほうだと思うのです。
なじみの薄い時代をわかりやすく伝えようとしているし、人物の描きかた、主人公以外の登場人物はどれもとても魅力的に描かれています。
主人公も、棟梁になる前は、わめいているだけでいいところが「全く」無く、まるで現代の中学生がタイムトリップして平安時代にきちゃったようなひとり違和感があり、中井貴一はなんでこんな清盛に、実子でもないのに家督を譲ろうとするのかさっぱりわからず、そりゃ妻の宗子さんも腹立つだろうよ、と思うぐらいだったのですが、ようやくそれも薄まってきたし。

だいたい、視聴率なんて作品の面白さに比例しないと思う。
そういう言う私の去年一番面白かったドラマは、最低視聴率で話題になった「鈴木先生」です。
このドラマも視聴率は散々でしたが、脚本、映像、演出、完成度の高さはピカイチでした。
今でもたまに見たくなって、録画を見返してしまいます。
反対に家政婦のミタなんて、全部見たけど、特に面白いともおもいませんでしたよ。
早送りで見て、あらすじを知ったら満足するぐらいの内容じゃないですか。
そして、大河ドラマでも、最低視聴率ナンバーワンの「花の乱」も好きでしたー。
録画機能が向上し、録画して見ている割合いが増えているこのご時勢で視聴率なんてなんぼのものさ。
視聴率に惑わされずに、このまま清盛もこの路線を引き継いでほしいです。

ただ、なんとなく、最後に滅亡して終わる平氏の物語というのが、この今の日本にあわなかったのかなあとは思います。
暗いんですよね。

というわけで、ちょっと来年に期待です。
長谷川博己が新島襄だったら良かったのに・・・。

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • 14:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

momiji

じゃらん

expedia

楽天

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ふるさと納税にはまりました
    レンコン
  • ふるさと納税にはまりました
    yuri
  • さばの味噌煮の残り汁
    レンコン
  • さばの味噌煮の残り汁
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • サラダが嫌い
    レンコン
  • 新国立美術館でランチ
    レンコン

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM