一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

毎年、大河ドラマの感想というか、感想という名の不満を書いている気がします。
今年の八重の桜はどうだと言うと、すごく面白いです。
低視聴率なのが、信じられないくらい。
八重が出てこないとか、政治の話が多すぎるとか言われていましたが、会津戦争になってから、そして戦争が終わり明治になってから、と、どんどん面白くなります。
毎週楽しみです。

前半は、松平容保殿様の天皇家幕府に対する忠心、その殿様に対する家来たちの忠心、八重たち一般庶民の家庭の和やかさとか人間関係がとても魅力的でした。
さらに、会津戦争で、銃を持ち、いままでの大河主人公が真っ青になるくらい敵を撃ちまくる八重さんがかっこよすぎる。
戦国時代の女を主人公にしておきながら「戦は嫌です〜」とか言わせていた今までの大河ドラマへのアンチテーゼかと。

特に八重と夫の尚之助様夫婦がとてもよかったのです。
まあ、私が長谷川博己大ファンというのもあるのですが、その贔屓目を差し置いてもこの旦那様がほんとにいいことを言う。
発言、発言で、泣いてしまうのです。
会津戦争集結後に、男として謹慎場所へ向かう八重を、その気持ちを尊重したいと思いながら、やはり行かせられないと、あえて女がいると告発するシーンでは、そう来たのか!と予想外の展開に一気に号泣してしまいました。
そして、突然の離縁。
涙の再会と別れ。
最後のお亡くなりになる回。
(;つД`)
毎回涙が止まりません。。
それも、ホロっという程度ではなく、毎回毎回号泣していました。

その尚之助様がお亡くなりになってしまい、話がつまらなくなるのではと思っていましたが、まさかの亡くなった回に次の夫(新島ジョー)のプロポーズを快諾するという衝撃の展開を経て、今は同志社を立ち上げるという次の目的に向っているお話はそれなりに面白いです。
正直新島襄が、あまりにも良い人過ぎて、逆に胡散臭く思えてしまうぐらいなのですが。

すごく、よく考えられている脚本だと思うし、視聴者に媚びたことがない、例えば主人公を異様に美化しない、とても真面目に作られているドラマだと思います。
毎週が楽しみ。
こんなに始まる前にわくわくする大河は久しぶりですね。


  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • 18:36
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

momiji

じゃらん

expedia

楽天

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ふるさと納税にはまりました
    レンコン
  • ふるさと納税にはまりました
    yuri
  • さばの味噌煮の残り汁
    レンコン
  • さばの味噌煮の残り汁
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • サラダが嫌い
    レンコン
  • 新国立美術館でランチ
    レンコン

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM