一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

このblogの題名通り、私は紅葉大好きです。
桜よりも紅葉派です。
毎年秋にはどこ行こうかワクワクします。
今年は、奥入瀬と八甲田山にいこうと去年からなぜか決めて行って参りました。



奥入瀬は、まだ私が大学生の頃に初めて行ったことがあります。
その時の旅は今思えばものすごい行程でして、

東京駅から夜発の夜行バスで青森へ
・一日目
青森から始発のバスで奥入瀬へ
奥入瀬から子の口まで歩く
バスと電車に乗って仙台へ
乗り換え平泉へ
平泉宿泊

・二日目
平泉観光
毛越寺で、餅定食を食す
山形へ行き山寺観光
玉こんにゃくのうまさにはまる
新幹線で帰宅

という、一泊三日で、十和田湖も平泉も山寺もいっちゃうというものすごい行程でした。
学生だったから体力ももったけれど、逆に時間がある学生なんだからもっと周遊すればよかったのにと後から思いましたけど。
この旅でみた東北の山の紅葉がとても衝撃でした。
それまでの人生で、山ごと鮮やかに赤や黄色に染まる風景をみたことがなかったため、八甲田山や山寺の付近の山々が塗ったように染まっている様を見たときは本当に感動しました。
思えば、紅葉が好きになったのはこの時以来だと思います。

この十和田湖奥入瀬八甲田に、またいつか行きたいとずっと思っていましたがなかなか機会がなかったので、行けずじまいでした。


今回、本当は八幡平のアスピーテラインにも行きたかったので、

・一日目
盛岡からびゅうバスツアーで、アスピーテラインを通り十和田湖泊、
・二日目
びゅうバスツアーの、奥入瀬八甲田ツアーで、十和田湖遊覧船、奥入瀬散歩、八甲田山ロープウェイを乗って、三内円山遺跡にいくツアーがあるのでそれで行こうかとも考えたのです。
でも、このツアーでは奥入瀬散策が20分と短すぎる、一日目がほぼ車上で宿につくのが夜なので疲れそうということでやめました。
また、八幡平、八甲田山、奥入瀬の紅葉の時期が異なるため、日程が難しいというのもありました。
八幡平は個別にいった方が良さそうです。

●ホテル
当初一泊のつもりだったので、宿は奥入瀬渓流ホテルにしました。
蔦温泉にもめちゃめちゃ行きたかったのですが、なんせ自動車がなくバスしか移動手段がないもんで、アクセス重視でここにしました。
奥入瀬渓流ホテルは、星野リゾートですが、買収したホテルを流用しているため、施設もそこそこ古く、また温泉も循環、夕飯もバイキングということで悩んだのですが、なんせ焼山バス停近くの好アクセスに、奥入瀬渓流まで、ホテルから一時間に一本往復バスが出ているというのが、とても魅力的でした。
夕飯のバイキングも、ちゃんとした料理ぽいので、まあいいかと。
結果としてはとっても良かったです。

さて、色々計画をたて、バスの時刻表とにらめっこして、一泊で効率よく回るプランを考え、後は行くだけ〜、と思っていた、一週間前に、突然母親が言い出しました。

「やっぱりもう一泊しない??」

全く青天の霹靂で、何で今さらいうかなーとビックリしたのですが、まあ、そういうからしょうがない。
確かに二泊の方がゆったりするしということで、急きょ宿探しに、電車の時刻変更と奮闘しましたよ。
奥入瀬渓流ホテルに二泊、と思ったら、ハイシーズンということで、延泊だけで27000円!!
何て高い!!
バイキングのくせにブセナテラスより高いなんて許せない!
というわけで、違うホテルにいくことにし、十和田湖近辺で探しました。
ほんとは十和田湖プリンスがよかったのですが、ここは全く空きがでず、バスのアクセスも考えて十和田湖休屋で探すことにしました。

山の上ホテルとか十和田湖ホテルとか良さそうでしたが、バス停から遠いんだもん。

十和田湖には結構空きがあったのですが、どれがいいのかと考えると、どのホテルも同じような、なんというか、そのー、イマイチ感が漂っているというか、決め手がないためかなり迷いました。
とりあえず、ご飯が美味しいと誉めてあるホテルにしましたが、ここはやはり微妙でしたね、。
私は結構値段と釣り合っていれば安ホテルでも全然平気なのですが、ハイシーズンということで、ちょっと割高感がしました。


それにしても、ネットで十和田湖のホテルを比較しているコメントを探したのですが、ほとんど見つかりませんでした。
ハワイのホテル比較ならうじゃうじゃでるのですが、十和田湖でどこに泊まろうという人は、悩まないんでしょうか??

というわけで、いろいろバスの時刻表、新幹線の時刻表、現地の地図とにらめっこして工程をたてましたが、このみずうみ号のバスをかなりの理解が出来たと自負しております。
これから、バスで奥入瀬に行こうという方のためにも、その辺を詳しく載せていこうと思います。

 

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • 18:55
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

momiji

じゃらん

expedia

楽天

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ふるさと納税にはまりました
    レンコン
  • ふるさと納税にはまりました
    yuri
  • さばの味噌煮の残り汁
    レンコン
  • さばの味噌煮の残り汁
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • サラダが嫌い
    レンコン
  • 新国立美術館でランチ
    レンコン

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM