一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

●3日目

●オムレツで大失敗
朝から温かいフワフワオムレツが食べたくなって、今日も外のお店に行っていました。
ホテルの隣のコヨーテに行こうと思ったらやっていなかったので、またメリッサへ。
名物のオムレツを頼んでみたら、予想をはるかに超えて超でかかったです。
オムレツだけではなく、ポテトももりもりに乗っているし。

さらにこのオムレツは、とてもこんがり焼けていました。
オムレツというよりも卵焼き、それもまるでうちのお父さんが作ったみたいな卵焼きでした。
ハワイでも思ったけれど、中身がとろーりとしたオムレツって海外にないのかも?
みんなしっかり火がはいってぱさぱさしています。
卵が生で食べれないからですかね?

そして、もちろん全部食べれずに、ごめんなさいとかなり残してしまいました。
ウエイトレスの女の子に、おなか一杯になっちゃった、ごめんなさいと謝りましたが、笑顔でこっちの人にも大きいのよオッケーと言ってくれました。
いいお店!

●今日のツアーは車が良い!
またホテルのロビーでまっているとツアーの車がやってきます。
今回は、人数が3人という少人数ツアーでしたが、これがすごくよかったです。
何が良いというと、車が小型の乗用車なので、窓が広く、車窓がとてもよく見えたのでした。
正直昨日のバンでは、車窓がとても見にくかったのです。

●モレーン湖に行く途中で、熊に遭遇!
まず初めにモレーン湖に向かったのですが、その途中で、車が数台止まっていました。
ガイドさんが「あ、これは動物がいるのかもしれませんね」と、近づいてみると・・、熊が!!
野生のブラックベアが道路わきにいました!
野生の熊なんて見るの初めてなので、興奮しました。

写真だと、正面を向いてくれないので黒い塊に見えます。

もちろん車の中から見たのですが、外人さんたちは、車から出て写真を撮っている人がいっぱいいて、こちらが心配になります。
みんな熊の恐ろしさを知らないのか??
みんな「熊嵐」を読んだほうがいいよ!!
熊さんは、しばらく草を食べていましたが、また森の中へ消えていきました。
本当にカナディアンロッキーは動物の宝庫ですね。

●カナディアンロッキーで一番美しい場所
場所の名前を忘れたのですが、カナディアンロッキーで一番美しい場所へ連れてってもらいました。
なんでも、昔、バンフを海外で宣伝する際に、写真家にこの場所でとってもらった写真をポスターに使ったそうです。
本当にphotogenicな場所でした。

電車が入っていれば、また素敵なのでしょうけど、
この時期、この紅葉の季節、この快晴の天気に来れたことがすごく良かったです。
本当に素敵な光景で、この景色を見ただけでカナダに来た甲斐があると思いました。



そのあとの車窓からも紅葉がよく見えました。
こちらでは、紅葉というよりも黄葉がメインです。



●モレーン湖
モレーン湖は、観光客にも有名らしく、駐車場はかなり一杯でガイドさんも駐車に苦労していました。

カナディアンロッキーには湖が多数ありますが、私はこのモレーン湖が一番好きになりました。
水の色が、深い青で、本当にきれいなのです。

時間があったらいつまでも見ていたいぐらい。
ここには湖がたくさんありますが、全部水の色が違うのですね。
不思議。


周りは瓦礫をつんだような、石が積み重なった丘があるのですが、ここでナキウサギを見ました。
PIKAっていうそうです。
ピーピーという鳴き声を目安に探すそうですが、ふつうに岩の上にいました。

今日は動物デーだ!
うさぎというよりも、モルモット?

●lunchの後にカヌーに乗る
ホットドックのlunchの後に(おいしいからいいのですが、ガイドさんは毎日ホットドックで飽きないのか?)エメラルド湖に向かいます。
エメラルド湖では希望者がカヌーに乗れるのです。
カヌーは一艘29ドルぐらい。

岸から見るのとは違い、目線が変わってとてもよかったです。
静かだし。
カヌーに乗るのは初めてだったけれど、何とかなるものですね。



ここのカヌーのレンタルハウスがとてもかわいかったです。



●すごい!すごい!すごい!タカカウ滝
最後にタカカウ滝へと行きました。
私は、あまり知らなかったのでそんなに期待していなかったのですが、この滝はすごい滝でした。
断崖絶壁の上からゴウゴウと水がほとばしっているのですが、その迫力を口ではなかなか説明できません。
遠くから見えるのですが、歩きながら近づいていくとその絶壁の迫力が迫ってきます。
写真も撮ったけれど、こんなのでは魅力の1/100も伝わりません。。

これに比べたら、日本の滝なんて子供みたいです。
こんなすごい滝が、なにもないところに突然ゴゴゴとあるのだから本当にすごいです。
もし、この滝が日本にあったら、とりあえず周りは神社だらけになって、これだけで一大観光名所になっていることでしょう。

このあと、一路バンフへと帰りました。
17時ごろについて、昨日よりはかなり早かったです。

本当にヨーホーツアー堪能しました。
正直、昨日のツアーもよかったけれど、私はこちらのほうが断然面白かった。
バンフに来たらヨーホーツアーは必須だと思います。
とりあえず、モレーン湖とタカカウ滝とphotogenicスポットは本当にお薦めです。

●バンフの町でお買い物
さて、バンフも最後の晩です。
今日も何か食べに行きたいところでしたが、実は胃の具合が良くなくて・・。
買って帰る気もしなかったため、なんと、日本から持ってきたおかゆを食べました・・・。
なんて悲しい晩御飯。
あと、スーパーで買ったプチトマトを食べました。
セーフウェイのお兄さんがおいしいよ!と太鼓判を押したこのプチトマト、かなりおいしかったです。
ただ、ブリュースターの冷蔵庫が相当強烈で、プチトマトは、冷凍トマトになってしまいました。

そして、お酒も飲まなかったため、余ってしまったビールをスーツケースにしまったのですが、これがのちに悲劇を生むのでした・・・

さて、ご飯は食べなくても、お買い物はしなければなりません。
お土産はエドモントンでも買えるかなーって思ってホテルでのんびりしていたのですが、友達にラインしたところ「エドモントンにお土産なんて売ってないよ!」といわれ、慌てて痛い胃を抱えながら買いに行きました。
こういう時に、ブリュースターは便利でしたね。

ちなみにバンフ、エドモントン、バンクーバーと行きましたが、エドモントンにはお土産はほとんどありませんでした。
そして、メープルシロップはバンクーバーにも売っていましたが、
この最小の小瓶は、お土産を配る日本人が好みそうなメープルシロップの小瓶は、バンフでしか売っていませんでした。
(バンクーバーでも見なかったよ)

さらに、現地のスーパーとかも行きましたが、メープルシロップってあまり売ってないんですよね。
ジャムとかそういう棚はいっぱいあるのに、メープルシロップはどこでもほんのちょびっと。
現地の人はあまり食べないみたい。
日本人が行くような店に行くと、「メープルシロップには、エクストラライトとかミディアムとかいろいろな種類があって云々、こういう料理にはこういうのがあるのですよ云々」と書いてありますが、当のカナダ人がそういうの気にしているのか疑問・・・。


オプショナルツアーはいつもこちらで検索しています↓

 

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • 22:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

momiji

じゃらん

expedia

楽天

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ふるさと納税にはまりました
    レンコン
  • ふるさと納税にはまりました
    yuri
  • さばの味噌煮の残り汁
    レンコン
  • さばの味噌煮の残り汁
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • サラダが嫌い
    レンコン
  • 新国立美術館でランチ
    レンコン

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM