一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

●8日目

朝の4時に起床。
ワインを飲み干し荷物を少し軽くした成果か、試練の4階からのトランク階段降りをなんとかやり遂げます。
おばちゃんが下の階にお弁当と(これも、頼む前に作ってくれました。感謝)預けておいたパスポートを出しておいてくれました。
本当にお世話になりました。

ピレ門に5時ちょうどにタクシーが着ました。
クロアチアの人は時間にきっちりしているなあ。

■ドブロブニク空港
ここで、おばちゃんの作ってくれたお弁当を食べます。
サンドイッチ二個にりんごにヨーグルトという、お弁当もボリューミー。

サンドイッチもおいしくて、ブジャのサンドイッチなんかよりよっぽどおいしかった。
6時5分にドブロブニクを立ちます。

■再度ザグレブへ
ザグレブに7時ごろ着きます。
パリ行きの飛行機が12時40分ですので、5時間50分がありました。
この貴重な時間をつかってザグレブ観光へ。
ただ、パリ行きは国際線のため、余裕をもって帰ってこなければならなく、予想通りとても時間はありませんでした。

旅行の計画するときに、ザグレブはあんまり見所がなさそうと言うことで、行くか否かをかなり迷いました。
ただ、一応首都ということと、ザグレブ織というハート柄の織物が可愛くてそれが欲しいのと、市場に行って見たかったため、短縮して時間をとることにしました。
そういうわけで、かなりザグレブは駆け足です。
空港から街まで、また二日目と同じ道をたどります。
空港から空港バスに乗り、長距離ターミナルに着いたら、トラムに乗りイエラチッチ広場まで。

---今思えば--------------------------------------------------------------

このザグレブ空港→ザグレブ→ザグレブ空港
の時間と移動費が結構もったいないので、一日余裕があれば、

2日目 パリ→ザグレブ ザグレブ観光 ザグレブ泊
3日目 ザグレブ→プリトヴィッツェ プリトヴィッツェ観光 プリ泊

としたほうがいいと思います。
------------------------------------------------------------------------

■市場
ザグレブはやはり首都らしく、クロアチアの中で、一番「都市」という印象でした。
そして、イエラチッチ広場から隣接して市場があります。

かなり大きく、スプリットよりも大きかったです。
ここで待望のハート柄の織物を見つけました。
コースターサイズで20kn(だっけ??)

残念なことに、もうknの現金がほとんど残っていなく、あんまり買えなかったけれど、もしカードが使えていたら、ばかみたいにいっぱい買っていたと思う。

■ミレニウム アイス屋さんさがし。。
ザグレブでは天気が悪く、小雨が降ってきました。
そんな中で、おいしいと評判のミレニウムというアイス屋さんを探しました。
が、またまた場所を控えてくるのを忘れ、場所がわからないー。
今回はツキにも見放され、本当に見つからず、雨降って寒いし、時間ももう無くなってきたため、残念ながらあきらめました。
しかし、かなり心残りだったようで、パリについてから、「ルーブルの中に、ミレニウムの支店が出来ていた!」という悲しい夢をみました・・・。

■さらばクロアチア
そんなこんなで、ザグレブ観光をしたっていえるのかって感じの滞在でしたが、急いで空港に戻りました。
空港の免税店で、ここでもアロマティカや、お酒やイチジクなど売っていましたので、
またまたお土産を買っちゃった。
もうクロアチアを去らねばならないのか、青い海と空よさようなら、と悲しく思いながら飛行機に乗ります。




しかし、パリはパリで楽しかった・・。



オマケ

■パリ
ばかでかくて、まったく場所がわからない、シャルル・ドゴール空港からバスに乗って、
オペラ座へ。
パリでの宿、ホテルテレーズが、オペラ座からルーブルの間にあるため、そこからテクテク歩きます。
ところが、このあたりで私のトランクのキャスターが壊れてしまい、石畳を歩くのがかなり大変だった。。
もしかして、ドブのソベの階段でごんごんぶつけたせい?

■ホテルテレーズ
FIGAROで見つけた宿です。
プチホテルの名にふさわしい、こじんまりしたとてもかわいらしいホテルでした。
ロビーも素敵。

ただ部屋がちょっと狭くて、二人分のトランクを広げるのが大変だった。


■パリ観光 ルーブルへ
パリは1,5日しかないため、とっても厳選しました。
見たいところというこで
・ルーブル美術館
・ノートルダムとサントシャペル
・パッサージュ
・スーパーとデパート
この4点に絞り、効率的に回ることに。

その日は幸い金曜日だったため、ルーブル美術館が夜までやっていました。
そのため、夕方からルーブルへ。
ルーブルは混んでいましたが、まあまあ見られる程度。
しかし、どの人もこの人も、名画、名彫刻の前で、フラッシュたいて記念撮影。
これひどいです。
あなた達鑑賞しているの??と思います。
こんな状態でいいんでしょうか。
これは、次の日のノートルダムでも思いました。
宗教施設である教会でさえ、フラッシュの嵐です。
もっとマナーを考えたほうがいいんじゃないでしょうか。


  • 2016.07.28 Thursday
  • -
  • 10:58
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

momiji

じゃらん

expedia

楽天

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ふるさと納税にはまりました
    レンコン
  • ふるさと納税にはまりました
    yuri
  • さばの味噌煮の残り汁
    レンコン
  • さばの味噌煮の残り汁
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    レンコン
  • 新しい鍋、ジオプロダクト
    mofu
  • サラダが嫌い
    レンコン
  • 新国立美術館でランチ
    レンコン

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM